作成者別アーカイブ: bontetsu

情報セキュリティについてもう一度学んでみた

【スクー】ビジネスパーソンのための情報セキュリティ入門 -情報漏えい対策-
を見て情報セキュリティについてもう一度学んでみました。
誤字や聞き間違い等があるかもしれませんがご容赦ください。

———————
■公衆無線LANの注意点
———————
サービスとしては広がっている
使うこと自体は悪いことではない

有料と無料のものがある
無料のものは気をつけた方が良い
→誰が提供しているか分からない
 登録不要なものは誰が使っているか特定できない

認証無しのものにつなぐのはかなり気をつけた方が良い
認証あり=暗号化されている
認証無し=暗号化されていない
→暗号化されていないことが問題(データの内容が把握できてしまう)

WiFi設定画面で鍵が表示されるもの→暗号化されている

スマホの自動接続機能
一度暗号化されていない無線LANに接続してしまうと、次回から自動接続されてしまう
(便利な反面どこにつながっているか分からない)
→細かく注意しながら接続する

知らないアクセスポイント、暗号化されていないアクセスポイントは使わない
暗号化されていてもWEPだと解読される可能性がある(WPA/WPA2が好ましい)

暗号化されていないサイトではパスワードを入力するウェブサイトにはアクセスしない
(データは見られているものだと思って利用する、情報検索程度にとどめる)
個人情報をやりとりするアプリは使わない

知っている名前によく似たアクセスポイントにも注意する
(あやしいアクセスポイントの場合がある)

キャリアの用意している公衆無線LANサービスでも暗号化されていないものは注意する

————————–
■携帯充電サービスの注意点
————————–
装置自体が改造されている可能性がある

充電と同時にデータが抜き取られる可能性がある(実際に事件が発生している)
USBケーブル→充電以外にデータのやりとりにも使える

対策として、充電専用のケーブルや変換アダプタを利用する
→情報を抜き取られずに充電できる
 100円ショップでも購入できる

—————————-
■ウェブサイト閲覧時の注意点
—————————-
世界のサイトを見ることができるが、
世界のあらゆるサイトから自分のPCやスマホの中身を見ることもできる
(双方向の世界であることを意識する)

ホームページ、ネットワーク、自分のPC、ブラウザに仕掛けのある場合がある
(仕掛けがあっても分からない場合が多い)

自分のPCに重要な情報が入っていなくても知らない間に加害者になっている場合がある
→他人のPCやサイトなどを攻撃するプログラムを入れられてしまう

あやしいボタンは押さない
ポップアップ、あやしい警告はすぐに消す(場合に応じて、ネットワークの切断、再起動をする)

カード情報などを送る場合はSSL保護(https://)を確認する

セキュリティ対策ソフトのフルスキャンを定期的に実行する
ブラウザの不要なアドインを削除する

—————————-
■電子メール送受信時の注意点
—————————-
企業の情報漏洩問題の原因は電子メールが多い

迷惑メール受信時:
自分が登録したメルマガ等→登録解除をする
(URLが正しいことを確認する(業者、SSL保護など))

知らない送信元からのメールには返信しない
→存在していることを証明してしまうことになる
 メールアドレス自体はネットワーク上でやりとりをしている時点で他人に知られている
普段やりとりしているアドレスがスパムメールの送信元になっていることもある
あやしいメールアドレスから送信されるものだけが迷惑メールではない
→簡単になりすますことが出来る

おかしいことに気づいたらネットワークを切断して
上司や管理者に報告する
(遮断をする)

メール送信時:
送信前に送信先、内容、添付ファイルを慎重に確認する
送信先を間違えない
添付ファイルは暗号化する

添付ファイルのパスワードは別メールで送る
(別メールにすることでデータが違うネットワーク上のルートを通って送信される)

国立国会図書館デジタルコレクションで昔の書籍を読んでみよう!

大学での学習で国立国会図書館デジタルコレクションを使う機会がありました。
古い書籍は言い回しや漢字の字体が現代とは少し異なっていますが、
大正や昭和初期のものであれば割と読みやすいです。
PDFファイルとして保存することもできるので、
保存した物をパソコンやタブレットで見ることもできます。

国立国会図書館デジタルコレクションでは、古い書籍が読めるだけでなく、
博士論文、官報、憲政資料、科学映像などを見たり、
歴史的な音源を聞くことができます。

簡単な使い方はこちら。

1,まずはサイト(http://dl.ndl.go.jp/)にアクセスします。
国立国会図書館デジタルコレクション 1

2,キーワードを入力して、検索ボタンを押します。
国立国会図書館デジタルコレクション2

3,検索結果が一覧で表示されるので、その中から選択すると・・・
国立国会図書館デジタルコレクション3

4,書籍が表示されます。
国立国会図書館デジタルコレクション4

5,さらに印刷ボタンを押すと・・・
国立国会図書館デジタルコレクション5

6,ダイアログが表示され、プリンタでの印刷やPDFファイルへの出力も可能です。
国立国会図書館デジタルコレクション6

7,キーワードを入力せずにリンクからたどることも可能です。
国立国会図書館デジタルコレクション7